欢迎您光临站壳网,本站秉承服务宗旨 履行“站长”责任,销售只是起点 服务永无止境!

(49)タイミングが狂えばすべてが狂う

タイミングが狂えばすべてが狂う(49)

           タイミングの悪い人がいる。来客と用談中の上役のところに、今すぐ報告しなくてもよい話をもっていく。かと思うと、上役が会議に出席する前に報告しておくべきことをしないで、上役が席に帰ったころ、ノコノコとその報告をもっていく。「なぜ会議の前に報告しないのだ。その資料があれば、また会議の模様も変わったのに」と小言を食う。 

   仕事にはタイミングはきわめて重要だ。ちょっと電話一本しておかなかったばかりに、大事な取引を逃がしてしまうこともある。タイミングは仕事の手順と密接な関係がある。 

   とくに緊急事態が起こったときの処置は、タイミングを第一に優先して考えるべきである。 

   ある工場で火災が起こった。経営者が駆けつけたときは、工場の大部分はすべて焼け落ちていた。管理者たちは、その焼跡のほうで二百名ばかりの工員たちと後片づけをしていた。 

   ところが端のほうにまだ燃えている部分があったが、その隣には、ベニア工場があって類焼の危険があるというのに、そこの消火にあたっているのは、わずか十数名だった。工場長はビックリして、すぐ工員を班に分け、類焼の危険性のある所の消火作業に集中させてことなきを得た、という。 

   緊張事態が起こったとき重要なのは、大所高所から価値を判断して事を行なう機敏さである。ことがないと、災害をさらに大きくすることになる。

   人生にはチャンスというものがある。チャンスをつかむのがタイミングである。だからチャンスがきたときは、何でも見、やってみる心構えがないと、せっかくのチャンスもむだになる。人に会うチャンスがあったら、会うとよい。外国に行けるチャンスがあれば、そのとき行っておくことだ。ひとたび逃がしたチャンスはなかなかやってこない。

   しかし、だからといって、チャンスをつかもうと焦っても、それほど効果のあるものではない。物事にはすべて「機が熟する」時期がある。リンゴが熟して落ちるには、それなりの時間が必要だ。あせって、むりに熟させようとすれば、インスタントものになる。インスタントものは結局はインスタントのだけの価値しかない。

   「天の利、人の利、地の利」ということががあるが、準備して待っていれば、そのうちにきっと「時が味方」してくれる時機がくる。熟成を心がけることがチャンスをつかむ最上の戦術である。

RIPRO主题是一个优秀的主题,极致后台体验,无插件,集成会员系统
日语考试库 » (49)タイミングが狂えばすべてが狂う