欢迎您光临站壳网,本站秉承服务宗旨 履行“站长”责任,销售只是起点 服务永无止境!

叱  る
人前で叱られたこと、あなたもおありでしょうか。私は娘の家でフキンの使いかたがわるいといって、ムコ殿の前で娘に叱られたことがあります。
そのとき、娘に対しては「なに言ってんのさ」ですんだのですが、なまじムコ殿が私をかばってやさしい言葉をかけてくれたばかりにワーンと泣いてしまいました。よくある心理。
さて、ある町に△△という炉端焼の店があります。「よろこんで」のところでも書きましたが、この店では注文を通すたんびに「よろこんで」という尻尾をつけるのですね。「はいッ、ヤッコ一丁よろこんで」「ほい来た熱燗《あつかん》一本よろこんで──」といったぐあいにです。
それは店員の鉢巻法被《はつぴ》姿にとてもよく似合って、店はいきいき、客もいい気分でつい一皿も二皿も追加したりするのでした。
ところがある日のこと、板さんの長といった格の人が客の目の前で店員を叱りはじめたのです。冷蔵庫を閉め忘れたから叱られているのだとは店中にわかりました。それはたしかに店員さんが悪いです。しかし、「もうやめて」と言いたいほどの長説教に客もしらけてしまいました。
「お前わかってんのかッ」というダミ声と、「よろこんでよろこんで」のねこなで声とが交錯していくうちに、この店の「よろこんで」は口先だけで心がこもっていないことがよくわかりました。
もうひとつは神戸大丸のコーヒーショップで。
これは客に飲物を運ぶ順番をまちがえたといって、女の子が店長に叱られているのでした。
「あっちが先やろ。なんでこっちへ運ぶのや!」
店長は押さえつけた小声でしたが、カウンターにすわった私にはもろ《ヽヽ》に聞こえました。ところが女の子には意味がよく聞きとれなかったのですね。
「もういちど言ってください。何のことですか」
いやご立派。若い店長とウエートレスは真正面に向き合いました。
「あのな、あっちの客が先に伝票通っとんとちゃうか言うとんねん。それをこっちへ先に出したやろ!」
店長は伝票で卓を叩いてだんだんと大きな声。
ウエートレスは眉も動かさず、じんじんと対立。
「あのう、どうでもよろしいが、何ならコーヒー吐き出しましょか」
さっきから、「こっち、こっち」と言われていた客は、実は私だったのです。
叱るのも結構ですが店長さん、場所をよく考えてくださいね。さもないと気の弱い私など自分も叱られているようで、つらいのです。

RIPRO主题是一个优秀的主题,极致后台体验,无插件,集成会员系统
日语考试库 » 言葉をください19