欢迎您光临站壳网,本站秉承服务宗旨 履行“站长”责任,销售只是起点 服务永无止境!

小さい頃、私はよく怪我をしていたらしい。自分では記憶に無いが石ブロックの壁に向かって笑いながら突っ込んで行ったり、自転車の車輪に足を突っ込んで怪我したり。小さかったからいつも姉や兄と遊んでいたのだが、そこで怪我をするたび長女である姉が母に怒られていたらしい。だいたいそう言う話が始まると、昔見た、小さい頃のビデオの話になる。ビデオには、小さかった頃の私たちが、楽しそうに遊んでいる姿が映っていた。それを楽しそうに撮り続ける母。ブランコから落ちた子供。それを楽しそうに撮り続ける母。滑り台から落ちた子供。それを楽しそうに撮り続ける母。お父さんのひげジョリジョリが嫌で逃れようと必死にもがくも逃げられずに泣き叫ぶ子供。それを楽しそうに撮り続ける母。どんなに泣き叫んでも、誰も駆け寄ってくることは無く、子供の泣き声とともに母の笑い声が聞こえていた。見るたびに「普通、親は子供がブランコから落ちて泣き叫んだら走って抱きかかえに行くんじゃないの?」と、母に問いかける。すると母は、「ちゃんと自分の力で立ち上がってほしいから助けに行かなかったのよ。それに、あの姿を見ているのが楽しかったっちゃん。」と笑いながら言った。こんな母親育てられたせいなのか残念なほどにその気持ちがすごくわかってしまった。おかげでそんな話も笑って話せるように育ったし、精神的にも丈夫に育った気がする。今では全然見なくなったビデオはホコリをかぶっていてまともに映るかは分からないが、たまに見たくなるときがある。こうやってたまに見て、たまに話すからこそ幸せだなぁと感じれる。そうするたびに言葉ではなく態度で、”自分のことは自分で解決する”ということを教えられてきてたんだなぁと感じる。時々でいいから、こんな話を笑って話し続けることができたらいいなって思う。その度になんだかホッとされるから。その度にこの両親の子供でよかったなって思えるから。誰もが思うことかもしれないけど、世界で一番幸せな家族だなって心の底から思います。笑い声の絶えないこの家族が私は大好きです。お父さん、お母さん、本当にありがとう。

RIPRO主题是一个优秀的主题,极致后台体验,无插件,集成会员系统
日语考试库 » 「懐かしき過去」