欢迎您光临站壳网,本站秉承服务宗旨 履行“站长”责任,销售只是起点 服务永无止境!

「コーチのことが大好きです。」

 小学校の頃、地元のサッカークラブに所属していた。区の選抜に選ばれたりして、チーム内では一目置かれる存在であった。今思うと、完全に調子に乗っていた。試合でチームメイトがミスをすると怒鳴り散らしてしまうことが度々あった。皆はただ何も言い返さずゴメンと言うだけであった。僕は恐れられる存在でもあった。僕には最高のコーチがいた。サッカーを教えてくれた恩師である。小学校二年生の時から練習も試合も見守ってくれた。僕が良いプレーをする度に、「やっぱりお前はうちのエースだ」と笑顔で叫び、とても照れくさかったが内心ではそれを言われたいがために頑張っていた。そんなコーチが大好きだった。

しかし、僕が小学六年生になった時、ショックな出来事が起こった。最高学年になると六年生からキャプテンが選出される。勿論、自分がやるものだと思い、皆も僕で決まりだろうという雰囲気になっていた。けれども、コーチは別の人をキャプテンに指名し、僕は副キャプテンになった。結果を聞いた皆が騒然としている中、僕は裏切られ悔しい気持ちでいっぱいになり、黙り込んだ。そのときコーチが大嫌いになった。

それからというもの僕は、コーチを避けていた。あんな人にサッカーを教わりたくないと思っていた。それに、相変わらずチームメイトにひどい罵声を浴びせていた。そんな時、コーチが僕を呼び出した。「お前は最悪なサッカープレイヤーだ」と一言寂しそうに言って去っていった。

そして六年生も終わりになろうとしていた時に、コーチが入院したと母から聞かされた。母は僕を強引に病院へ連れて行った。そこで見たコーチは衰弱しきっていて、いつもの元気な顔じゃなかった。そして気まずかったがコーチの元へ行くと、僕の顔を見たコーチが弱々しい声で言った。「キャプテンにできなくてごめんな。」僕は涙が止まらなかった。それに、とても心が痛んだ。コーチのせいにしてきたけど、このとき悪いのは僕の方だと悟った。皆にひどい態度をとってきた僕にキャプテンが務まるはずがない。コーチはそれを自分で気付いてほしかっただけなのに。

それから、僕は変わろうと努力した。チームメイトがミスしても前のような態度をとることはなかった。むしろ、ドンマイと言えるようになっていた。しかし、コーチにその姿を見せることはできなかった。僕がお見舞いに行った後も体調が回復せず、一か月後になくなってしまった。そして葬式に行くことになり、サッカークラブの代表で僕がお別れのスピーチを言うことになった。そこで、大声で安らかに眠るコーチに誓った。

「僕は、最高のサッカープレイヤーになります」

 中学三年生になったとき、サッカー部のキャプテンになった。コーチとの約束があったからこそ中学校でサッカーを頑張れた気がした。そして、その約束が今でも僕の励みになっている。

RIPRO主题是一个优秀的主题,极致后台体验,无插件,集成会员系统
日语考试库 » 「コーチのことが大好きです。」