意匠惨憺

意匠惨憺

意匠惨憺(いしょうさんたん)
物事に工夫を凝らすため、あれこれと苦心すること。「意匠」とは工夫を凝らすこと、「惨憺」は様々に心を悩ませ考えること。

意匠惨憺の用例
大きな予算が取れないこのイベントでのレイアウトや飾り付けは、意匠惨憺することが必要になってくる。
 

仕事の場面で使うなら
みんな→苦労を振り返る思い出話で

分享到 :
一意攻苦
上一篇 2020-08-27
力戦奮闘
2020-08-27 下一篇
相关推荐

黒田如水14

 丘の一族一  姫路までは一里弱。奔馬《ほんば》の脚では一鞭《い...

成都篇 06

午後2時40分、四川省の省都、かつて「三国志」の時代には蜀の国の都であった大都市&m...

第二十章:民間美術~百家衣

多くの家から端切れをもらって子供服を作るという慣わしの一種で、典型的な民俗衣装といえ...

実践躬行

実践躬行(じっせんきゅうこう)自分自身の力で、実際にすすんでやってみること。「躬行」...

Leave a Reply

登录... 后才能评论