第二十章:民間美術~山西の年画(旧正月に貼る吉祥やめでたい気分を表す絵)

第二十章:民間美術~山西の年画(旧正月に貼る吉祥やめでたい気分を表す絵)

山西省の年画は、南派と北派という二つに分けられています。晋(山西省の略称)北の年画は大同、応県を中心としており、窓画と呼ばれる窓に貼る年画を代表としています。窓画が劇の物語を主として、吉祥を代表する獣や、花、果物なども描かれています。晋南の年画には門神や、紙の馬、掛け書画などがあるほかに、チリ払い紙と灯篭の画もよく見られ、芸術の特色を持っている。   年画は、早くは東漢、六朝の時代にも存在していました。宋の時代、年画は既に盛んになりました。清の康熙、乾隆の時代、年画屋はますます発展し、その頃の年画は歴代の伝統的な年画に基づいて発展していました。現在、版画も年画に属しています。   年画は一般的に、健康や吉祥、平安を唱えることを内容としています。要するに、年画の内容は幅広く、生活の雰囲気にも溢れ、色鮮やかで、作り方もさまざまで、民間的なロマンチック主義を十分に現しています。

分享到 :
相关推荐

第二十章:民間美術~靴の敷き皮

中国の服飾に施された刺繍は一定の意味があり、祝福や未来への憧れが託されています。&n...

神州天馬侠29

 鞍馬の竹童     二  ところへ、案じてかけてきた...

神州天馬侠86

 隠密落とし     一 「拙者《せつしや》をバカとも...

神州天馬侠106

 虎穴る鞍馬の竹童     一  軍令《ぐんれい》をや...

Leave a Reply

登录... 后才能评论