第二十章:民間美術~雲状の肩飾り

第二十章:民間美術~雲状の肩飾り

「雲状の肩飾り」は隋の時代(581~618)以降から服飾として発達し、首を一回りし、肩に飾るものです。清の時代(1644~1911)では、各階層で広く愛用されるようになり、特に花嫁には欠かせない装飾品となりました。その後、お祭りや結婚式などの時に多く着用されるようになりました。この肩飾りは,自分の意のままという意味の「如意」の形をしているものもあれば、帯状のものもあります。裏表一対の布を単位にし、4枚か8枚の肩飾りに仕上げます。その中の一枚一枚には、花鳥草虫や、伝統劇の刺繍が施されています。その作業は長い時間がかかり、手先の技術は精巧さを極めたものです。刺繍の方法は10種類以上もあり、模様もさまざまです。図にある雲状の肩飾りは、中部地方の河南省にあるもので、如意の形が生かされた雲の形をしています。刺繍模様には、人物、花鳥、橋などあります。運針が細かくて、色合いが優雅で、ラインが流れるように美しい。これは民芸品の極致と言えます。

分享到 :
相关推荐

第二十章:民間美術~山西臨汾刺繍

中国北部にある山西省臨汾一帯の農村で暮らしている人たちは、衣服、靴、帽子などに刺繍を...

第二十一章:世界遺産~三清山

三清山は中国江西省上饒市玉山県と徳興市の境界に位置する、懐玉山脈の主峰で道教の名山で...

神州天馬侠21

 天の筏   二 「お乗りなさい、はやく、はやく」 筏...

知勇兼備

知勇兼備(ちゆうけんび)知恵と勇気を兼ね備えていること。知勇兼備の用例この部署のトッ...

Leave a Reply

登录... 后才能评论