第二十章:民間美術~ミャオ族

第二十章:民間美術~ミャオ族

中国西南部の貴州省で多く暮らしているミャオ族の人々は、異なる様式や風格の服飾を作り上げています。衣類は普段着と晴れ着に分けられ、日常生活では普段着、お祭りや結婚式の際には、花嫁が着る晴れ着です。服装や髪飾りなどは、いずれも技が複雑で、細工も緻密です。   刺繍に生かされているものは、主に竜、鳥獣、銅太鼓、花卉、蝶々そして自民族歴史などに限られています。図にあるミャオ族の作業は腰巻を刺繍しているところです。白いものをベースにした腰巻に、蝶々とムカデを多数刺繍しており、躍動感に満ちています。模様はムカデをメインとしており、下の三段はそれぞれ蝶々や小型のムカデなどで、ミャオ族の伝統的で典型的な模様です。   刺繍には、竜、または雄の水牛に乗った人間の模様が最も多く見られ、この民族の勇ましさと生活を楽しむ趣向が表されています。ミャオ族の民間芸術には、竜に跨り、竜を調教する図案があります。これは竜をいたわり怖がらない気持ちが表されています。図にある刺繍は、袖の縁に施された装飾で、蝶々、鳥、人間、竜の体をした人間の頭の模様などがあります。図の真ん中にある大きめの模様は鳳のデザインのようであり、横たわっている人間の形のようであり、魚にも似ています。蝶々の形は誇張され、形より意思表現に重点を置いていることが伺えます。色彩では黒をベースに、赤を主としており、白、緑が使われ、ダイナミックかつ躍動的に表され、ビジュアル的でもあります。 

分享到 :
相关推荐

一意専心

一意専心(いちいせんしん)他のことに心を動かされることなく、ただ1つのことに心を集中...

神州天馬侠45

 天翔る鞍馬の使者     二 「竹童《ちくどう》竹童...

神州天馬侠65

 奇童と怪賊問答     一  富士《ふじ》の裾野《す...

第二十章:民間美術~操り人形

操り人形は古代、中国語で「杖頭傀儡」と呼ばれていました。木の棒を縦に操って、劇は完成...

Leave a Reply

登录... 后才能评论