第二十章:民間美術~中国民間美術の中の神々(一)

第二十章:民間美術~中国民間美術の中の神々(一)

昔、お堀は住民の安全を守るもので、それを加護する神は「城隍神」として存在しました。歴史を叙述した史書で、城隍神は「水庸神」から変身したと記載されています。また、史書に最初に記録された城隍廟は、紀元239年,東部に建てられた蕪湖の城隍廟です。   明の時代(1368~1644)の開国皇帝である朱元璋明太祖が城隍神を認め始め、その信仰を広めるのに大いに力を入れました。城隍神は来世を司る神であることから、城隍廟に祭られる城隍像は、両側に裁判官や牛の頭、馬の顔、黒白無常などの鬼が並んでいます。普通廟には、座像の城隍神と、視察に出かける城隍像が常に置かれています。城隍は夏を除く春、秋、冬にそれぞれ一回視察に出ますが、その時はたくさんの家来を連れて行きます。同時に、様々な民俗行事が伴います。図にある城隍神は、長い髯を蓄え、左右に四人の侍者を伴っています。木版画の点描で着色され、躍動感に満ちながらも、落ち着きもあります。

分享到 :
相关推荐

神州天馬侠62

 自然城・小太郎山     二  まもなく、かれはゆう...

神州天馬侠17

 雷火変     一  本丸《ほんまる》とは、城主のす...

第二十章:民間美術~食品木型(きがた)

明と清(14世紀―19世紀)の時代以来、伝統小麦粉食品の模様が多くなり、小麦粉食品の...

第二十章:民間美術~泥人形(六)

中国北部の河北省新城県白沟村は、歴史上、大変有名な民芸玩具の里として知られています。...

Leave a Reply

登录... 后才能评论