第二十章:民間美術~中国民間美術の中の神々(五)

第二十章:民間美術~中国民間美術の中の神々(五)

土地の神様は中国では、たいへん普及しています。土地の神様の由来は、祠の崇拝から始まり、明の時代(1368-1644年)に盛んになりました。当時、土地の神様を祀る廟がたくさんあったと言われています。また、その名称もたくさんあります。例えば、「鶏毛土地」、「仙人土地」、「矮土地」、「三層土地」、「総土地」、「都土地」などです。土地の神様の祠の種類もたくさんあります。正式な廟以外にも、いくつかの石を積み重ねて作った祠があります。その中に石を置くと、それが土地の神様となるのです。この石の祠にも、ちゃんと門もあります。土地の神様の典型的な様相は、白い顔に、黒い髭、頭には頭巾をかぶり、丸い襟があり、微笑みをたたえています。   写真の中の土地の神様は、東南部浙省抗州の絵です。神様は郷土の趣と威厳があります。左右には副官を従えています。この絵は版画と手書きの両方で描かれており、主に細かい色合いを使っています。 

分享到 :
相关推荐

神州天馬侠18

 雷火変     二  日がくれると、膳所《ぜんしよ》...

黒田如水43

 待望の日二  安土の城内には二日留まっていた。三日目の朝、官兵...

黒田如水128

 美人臨死可儀容四 「殿。何かご思案ですか」「官兵衛か。&mda...

黒田如水28

 鷹二 「お風呂のしたくが調《ととの》いましたが」 と、小姓が告...

Leave a Reply

登录... 后才能评论