第二十章:民間美術~陶磁器(一)

第二十章:民間美術~陶磁器(一)

中国東部山東省の淄博は、史上重要な磁器産地として民窯(民間の磁器製造窯)が多くあります。   魚は従来から装飾のテーマとなっており、中国語では「魚」の発音は「余」と同じく、民間で「魚」は富裕を意味し、また子供が多く、生命の継続を象徴しています。   青花(染付)魚盤は民窯製品であり、造形が素朴重厚で磁胎が厚く、容量も大きい。   魚盤の紋様図案は手書きで、魚の丸い形は紋様の構成に適しているが、造形、絵付け、着色は製造窯や工匠などにより様々です。   魚紋様は前期、細密で、鱗模様は網状できちんとしたリアリズムがあり、鱗の色は暗い赤でしたが、後期では豪放率直の性格が濃厚となり、鱗は網状ではなく、写意的な表現が目立ちました。   図の魚は背中が一筆書きで描かれ、運筆が流暢かつ雄勁です。魚の造形は豪放軽快で包容と爽快の風格が現れています。

分享到 :
相关推荐

第二十二章:楽器~古琴(七弦琴)

古琴(七弦琴)は中国古来の弦楽器である。今から3000年ほど前の周の時代に誕生し、昔...

第二十二章:楽器~揚琴(洋琴)

揚琴(別名:洋琴)は中国で既に400年以上の歴史がある弦楽器の1つである。音色は明る...

第二十章:民間美術~漁籠

 図の漁籠は揚子江下流の水郷・江南地方の産物であり、竹の編物。籠は瓶の形を...

成都篇 07

なぜかいきなり日本の闇の部分を暴く質問をして来た隣のベッドの若者は馬くん(マーくん)...

Leave a Reply

登录... 后才能评论