第二十章:民間美術~陶磁器(三)

第二十章:民間美術~陶磁器(三)

図の陶罐は戯曲の人物を描き、中国中部安徽省の界首陶という流派の代表作である。紋様の主題は劇の筋を見せており、土色の赤い胎体を背景に文臣と武将が目立っています。文臣は温和な表情で扇を持って髯を捻り、武将は剣を背負って髯を撫で、頭と足を上げ、情緒が激昂している様子を表現しています。二人ども戯劇人物の格好をして人物像は浮き彫りの感じがあり、曲線は石彫りと同様、巧妙さが感じられます。輪郭の造形が素朴で官窯製陶磁器の精緻さと異なり、質朴な親切さが出てきます。

分享到 :
相关推荐

松のや露八13

 竹婦人 二  女だらけな家である。 彼の坐っている隣...

第二十章:民間美術~腹あて(胸あて)

中国の伝統的な衣類で、胸と腹を守るアンダーウェアです。正方形か長方形のものが多く、角...

神州天馬侠103

 幽霊軍隊     一  竹童《ちくどう》にたのまれて...

黒田如水16

 玲珠膏一  塩田《えんでん》の煙が幾すじも真っ直ぐにたち昇って...

Leave a Reply

登录... 后才能评论