第二十章:民間美術~陶磁器(四)

第二十章:民間美術~陶磁器(四)

青花磁器(染付け)は元の時代(1206-1368)になって流行し、各地の官窯、民窯は多く製造していました。   民窯製の青花磁器が普及し、生産量は官窯を上回り、そして素朴と精緻など流派が多く、精緻な上品は官僚商人など富裕層に愛用され、素朴なものは庶民に供給されました。   民窯製の青花磁器は活発かつ質朴な趣があり、絵画は自然洒脱で豪放であり、主題も多く、社会生活、風習、物語人物、山水、瑞獣珍禽、花卉果蔬、詩詞、開運護符など非常に豊富多彩である。伝説、小説、戯劇の感動的な場面も磁器の装飾に用いられ、創造的で独特なスタイルです。   図の青花碗は、絵画が刀馬旦(花旦)で造形は簡素かつ上品であり、釉色は玉の如く温和潤沢である。碗の口縁は外へ巻き、厚手の器壁で両面とも装飾されている。絵画人物の刀馬旦は造形で精緻を追求せず、動作情態だけを強調しています。 

分享到 :
相关推荐

下学上達

下学上達(かがくじょうたつ)身近で初歩的なことから学び始め、次第に高度で深い道に通じ...

神州天馬侠81

 吹針の蚕婆     二 「野武士《のぶし》のうちにも...

単刀直入

単刀直入(たんとうちょくにゅう)遠回しな言い方をせず、前置き無しにいきなり本題に入り...

第二十一章:世界遺産~五台山

山西省の東北部の五台山は、華北地域の奥地に位置する中国四大仏教名山の1つである。地上...

Leave a Reply

登录... 后才能评论