第二十章:民間美術~陶磁器(八)

第二十章:民間美術~陶磁器(八)

  史上、民窯は官窯の製品更新に絶え間ない影響を与えていました。図の酒壷は、造形が典型的な「玉壷春瓶」であり、河北省地域の磁州窯磁に属します。   「玉壷春瓶」という造形は宋と元(10世紀―14世紀)の時代から始まり、明と清(14世紀―19世紀)の時代に盛んに焼かれるようになります。   「玉壷春瓶」の形は口がやや大きく、ネックは細く、腹部が豊満で底は穏健な感じがあり、簡潔の美が出ています。 

分享到 :
相关推荐

神州天馬侠76

 早足の燕作     一  夜もすがら、百八ヵ所で焚《...

神州天馬侠19

 雷火変     三  小《こ》太刀《だち》をとっては...

第二十章:民間美術~山西臨汾刺繍

中国北部にある山西省臨汾一帯の農村で暮らしている人たちは、衣服、靴、帽子などに刺繍を...

勇猛精進

勇猛精進(ゆうもうしょうじん)勇敢かつ積極的に物事を行うこと。「勇猛」は勇ましく猛々...

Leave a Reply

登录... 后才能评论