第二十章:民間美術~山西省霊石県文廟の午壁

第二十章:民間美術~山西省霊石県文廟の午壁

中国の伝統住宅は居住のプライバシーを擁護するため、正門の所に「影壁」(えいへき)という目隠しの塀を建てました。史上山西省商人自宅の影壁は豊富な装飾で、その審美価値が高く評価されています。   図の影壁は、同省霊石県の静昇村にある寺・文廟の前にある午壁で、高さ7メートル、幅10メートル、壁の絵画は鯉のぼり。この文廟は学堂として多くの生徒が育成されたため、村民たちは文廟前の午壁を大変尊敬しています。  

分享到 :
相关推荐

第二十一章:世界遺産~黄山

中国には、「五岳より帰り来たれば、山を見ず、黄山より帰り来たれば、五岳を見ず」という...

神州天馬侠53

 天罰くだる     二  陸《おか》のほうでは穴山梅...

神州天馬侠20

 天の筏     一  矢倉《やぐら》へむかった消火隊...

神州天馬侠90

 鼻かけ卜斎と泣き虫蛾次郎     二  菊池半助《き...

Leave a Reply

登录... 后才能评论