第二十章:民間美術~羅漢床

第二十章:民間美術~羅漢床

床と榻は寝台としていずれも長い歴史を持ち、出土品には戦国時代(紀元前5世紀―紀元前3世紀)の漆木床があり、一人用の榻は漢(紀元前206-紀元後220)の時代に出現しました。床榻は寝台の総称で、大きいものは床といい、小さいものは榻といいます。   古い時代に一人座りの"小榻"と、二人用の"坐榻"があり、宋(960―1279)の時代には、寄りかかって座れる大きな榻が出て、明と清(14世紀―19世紀)の時代は三面屏風の榻が出ました。   図の「三面屏風羅漢床」は竹作りで、耐久的かつ精緻。長年使用された後、漆の色に親切さが感じられます。

分享到 :
相关推荐

神州天馬侠87

 隠密落とし     二  木隠龍太郎《こがくれりゆう...

速戦即決

速戦即決(そくせんそっけつ)長期化をさせず、短時間で一気に勝負を決めてしまうこと。速...

第二十章:民間美術~操り人形

操り人形は古代、中国語で「杖頭傀儡」と呼ばれていました。木の棒を縦に操って、劇は完成...

神州天馬侠35

 智恵のたたかい     三  都より開港場《かいこう...

Leave a Reply

登录... 后才能评论