第二十一章:世界遺産~安陽殷墟

第二十一章:世界遺産~安陽殷墟

殷墟(いんきょ)は、中国河南省安陽市に位置する古代中国殷王朝後期の遺構。洹水南岸に位置する小屯村北東部が宮殿などが位置する殷都の中心だったと考えられ、周囲からは工房跡なども発掘されている。洹水北岸の武官村一帯には歴代の王墓が存在し、13の大規模な墳墓が発見されている。紀元前14世紀の末期に商王の盤庚がここに遷都して以来、商の紂王の時代に滅びるまで、8世12人の王を経て273年間都が続いた。殷墟の発見と発掘は20世紀において中国での最も重大な考古発見である。2006年7月13日に世界遺産に登録された。   殷墟は中国の歴史上、文献で記載され、考古学や甲骨文字で証明されている初の都の遺構である。紀元前1300年盤庚がここに遷都して以来、紀元前1046年に国が滅びるまで、小辛、小乙、武丁、祖庚、祖甲、廩辛、康丁、武乙、文丁、帝乙、帝辛、計8代12名の国王が273年間統治した。洹水が流れる殷墟は当時の政治、経済、軍事、文化の中心であった。商が滅びた後、殷墟も廃墟になった。   1928年発掘開始以来、殷墟から110あまりの宮殿宗廟遺跡、12基の王陵遺跡、洹北商城遺跡、甲骨の洞窟などが発掘された。これらの宮殿宗廟の建築は黄土、木材を主な建築材料とし、土の土台の上に建てられ、中国宮殿の特色を持ち、古代早期の宮殿建築の先進レベルを代表している。   そのほか、殷墟から数が驚くほどの甲骨文、青銅器、玉器、陶磁器、骨器などの文物が発掘された。殷墟の規模、面積、宮殿の広さ、文物の質、量から、3300年前の商の都の風貌を知ることができる。当時は中国ないし東方の政治、経済、文化の中心であることが分かった。   世界遺産に登録された理由は、中国の王朝で最も古いとされているのは夏で、その次が殷となっていた。この殷墟の発見により、それまで文献の上だけの存在であった殷という王朝が実際にあったことが確認さた。このことから殷墟は2006年に世界遺産に登録された。  

分享到 :
相关推荐

勇往邁進

勇往邁進(ゆうおうまいしん)どんな困難にも負けず、自分の目的、目標に向かってひたすら...

黒田如水48

 名馬書写山三  三木城の城主別所長治はまだ二十五歳の青年だった...

赴湯蹈火

赴湯蹈火(ふとうとうか)苦しみを恐れず、危険を顧みないことのたとえ。熱い湯も、燃え盛...

剛毅木訥

剛毅木訥(ごうきぼくとつ)忍耐強く意思が強固で、飾り気がないさま。「剛毅」は意思が強...

Leave a Reply

登录... 后才能评论