第二十一章:世界遺産~中国丹霞

第二十一章:世界遺産~中国丹霞

中国丹霞とは、乾燥し且つ暑い気候の下で形成された赤い砂岩や礫岩から形成された、バラ色の雲や深紅の霞のような様々な赤い色が織りなす地形である。   地質や地形学の面では、西太平洋活性大陸縁断裂陥落盆地に織り成す地形だと定義される。これらの沈積層は地域の地殻の隆起、激しい断裂、水による切断侵食、団塊運動、風化や侵食作用をへて群峰や切り立った崖や峡谷などの絶景を形成した。   世界遺産入りしたのは湖南省の崀山、広東省の丹霞山、福建省の泰寧、江西省の竜虎山、貴州省の赤水、浙江省の江郎山など中国南部湿潤地域の6つの有名な丹霞地形景観区である。   風景美学から見れば、リスト入りした中国丹霞地形は南部湿潤地域の青年期、壮年期、老年期それぞれの特色を代表的に表すものである。ばらばらの山や高原から形成された高く険しい青年期の峡谷、起伏に富んでいる壮年期の峰林、緩やかな老年期の山水と、いずれも美的なインパクトと印象的な視覚衝撃を与える。赤壁丹崖の崇高と急峻さ、景観の神秘と精巧さ、山水田園の雅とすがすがしさ、林と深い谷の幽玄と静けさ、霧に煙る様子の奥深さと幻想によって、中国丹霞は、世界でも特色のある自然地理現象であり、際立った自然美となっている。   地球科学から見れば、地球大陸性地殻がある段階に到達後のシンボルである。中国の赤い地層は中生代末期に大規模的に形成されたもので、地球の中生代末期の大陸断裂陥落盆地の地質、古地理、古気候環境と言った情報を含んでいる。形成過程は、地球の中生代末期から新生代までの地球陸地表層システムの世界規模の変化と重大な事件を反映し、世界規模の変化の研究に対して大きな意義を持っている。   生物や生態学面からみると、アジア東部の湿潤地域に位置し、世界生物地理系統の旧北区とインドネシア‐マレーシア区という2つのエリアの生物多様性を代表する地形である。世界野生動物基金の全世界200の生物地域の中の「中国東南部―海南湿潤林生態区」に属する。ここでは400種近くの絶滅危惧種が生息しているため、世界規模で野生動物の多様性と絶滅危惧種を保全すべき重要な地域でもある。   2010年8月の世界遺産委員会で登録された。 

分享到 :
相关推荐

賁育之勇

賁育之勇(ほんいくのゆう)何者をも恐れない勇気があり、気力が盛んで強いこと。「賁」は...

神州天馬侠76

 早足の燕作     一  夜もすがら、百八ヵ所で焚《...

第二十一章:世界遺産~元の上都遺跡

元上都遺跡は、内蒙古自治区シリンゴル盟正藍旗から東北へ20㎞離れた金蓮川草原に位置し...

松のや露八37

 萩の世帯 一  眼ッかちの久六だの、禿安《はげやす》...

Leave a Reply

登录... 后才能评论