第二十二章:楽器~伽耶琴(ジャーイェチン)

第二十二章:楽器~伽耶琴(ジャーイェチン)

伽耶琴は古くから朝鮮族に伝わる楽器である。現在でも中国東北部の吉林省延辺朝鮮族自治州で愛用されている。もともと漢民族の琴とも深い関わりがあり、形も良く似ている。文献によれば、紀元500年前後に朝鮮の古代国家である伽耶国の国王が琴を真似て作った弦楽器を「伽耶琴」と呼ぶようになったと言われる。   古代の伽耶琴の本体は一本の木から彫られ、端が羊の角のように曲がっていた。当時の楽器には底板がなかったため、音のボリュームも小さく表現力も豊かではなかった。伽耶琴の誕生から1500年を経た現在、朝鮮族は他民族が使う同類の楽器の長所を取り入れ、ようやく民族の特徴が生かされた性能の良い伽耶琴を作り出すことに成功した。現在の伽耶琴は音量も大きく、音色は以前よりも多彩で美しく改良されている。朝鮮族は伽耶琴に用いる材料に大変こだわっていて、各部にそれぞれ違う材料を厳選して用いている。   新中国成立後、伽耶琴に更に新たな改良が加わり、楽器製作者らの手により18弦の伽耶琴と21弦の伽耶琴が相次いで開発された。21弦の伽耶琴には、特別に共鳴用のボディーが加えられたほか、弦は従来の生糸のほかナイロンや金属性のものになり、音量が大きく音色も綺麗になった。   伽耶琴は音色が綺麗なだけでなく、演奏する姿も非常に上品である。演奏時は左手で弦を押え、右手で弦をはじく。伽耶琴は表現力に富んでおり、奏者によって喜怒哀楽などそれぞれ違う感情を表現することができる他、雄大で激しい音から軽快で楽しいメロディまで幅広く表現することができる。昔、伽耶琴の奏者はほとんどが男性だったが、朝鮮族の間で主要楽器になっていくのに伴い、女性の奏者も次第に増えてきた。   伽耶琴は独奏か重奏に用いられるほか、唄の伴奏にもよく使われ、民族楽団の中でもポピュラーな楽器である。朝鮮族には「伽耶琴弾歌」という伝統的な唄がある。民族衣装を着た朝鮮族の女性、数十人が舞台に並び、伽耶琴の端を地面に置き、先端部分を右膝で支えながら演奏します。女性たちが伽耶琴を弾きながら唄を歌う姿は非常に美しいものである。 

分享到 :
相关推荐

神州天馬侠72

 魔人隠形の印     二  すさまじい雷火の焔《ほの...

松のや露八22

 鷹の羽 一  渋沢栄一からの手紙には、 啓呈 と、謹...

快刀乱麻

快刀乱麻(かいとうらんま)こじれてしまった物事を、非常に鮮やかに手際よく解決すること...

黒田如水27

 鷹一 「お。こなたの人か」 秀吉はまじめに紹介《ひきあ》わせを...

Leave a Reply

登录... 后才能评论