第二十二章:楽器~板胡(バンフー)

第二十二章:楽器~板胡(バンフー)

「梆胡」または「秦胡」とも呼ばれる板胡(バンフー)は、地方劇の一つである梆子腔と共に、胡弓を基に作られた楽器である。ほかの胡弓と比べ、板胡の最大の特徴は音量が大きく、音色も明るくハッキリしていること。特に高揚する感情や情熱的な雰囲気を表現するのに最適だとされている。約300年前に誕生し、その名前は共鳴胴に薄い木の板が張られていることから名付けられた。   当初、板胡は中国の北方地域に普及し、現地の地方劇、例えば河北梆子や評劇、河南省の豫劇、陜西省の秦腔などの伴奏楽器として使われていた。   板胡は芝居と深い関わりを持っているため、芝居の音楽を演奏する時が楽器の特徴を最も発揮でき、地方独特の風情を引き出せると言われている。   構造は、ほぼ二胡と同じだが、共鳴胴に違いがある。共鳴胴の表面には二胡のように皮を張らずに桐の薄い板が張られおり、これが板胡独特の音を出す鍵になっている。格別に澄んだ響きのある音を出すことから、高音部の演奏に使われることが多い。   新中国成立後、音楽関係者の努力の結果、板胡の製作技術も大きく発展し、いくつかの新しい種類が加わった。代表的なものに「中音板胡」「高音板胡」「三弦板胡」「竹筒板胡」「秦腔板胡」などがある。   製作技術の発展に伴い、板胡演奏の技術レベルも高くなり、表現力も豊かになっていきた。板胡は中国の民族楽団に欠かせない楽器となっているほか、地方色を色濃く持つ独奏楽器でもあり、民族歌劇や民族舞踊などの伴奏にも幅広く使われている。

分享到 :
相关推荐

堅忍果決

堅忍果決(けんにんかけつ)我慢強く強い意思で耐え忍び、いったん決めたら思い切って断行...

第二十二章:楽器~高胡

高胡は"高音二胡"とも呼ばれるもので、二胡を改良し制作されたもの...

神州天馬侠104

 幽霊軍隊     二  地から湧《わ》いたように、忽...

第二十一章:世界遺産~四川パンダ生息地

四川パンダ生息地は四川省内にあり、卧龍、四姑娘山と挟金山脈を含め、面積は9245k㎡...

Leave a Reply

登录... 后才能评论