第二十二章:楽器~太鼓

第二十二章:楽器~太鼓

太鼓はかなり前に発明され、発掘された出土品によると約3000年の歴史がある中国でよく使われる打楽器である。昔、祭りや踊りの伴奏に使われただけでなく、敵や猛獣の襲来時にも使われ、人々に時間や危険を知らせる道具でもあった。社会の発展に伴い、太鼓を使う範囲は更に広くなった。例えば民族楽団、各種の芝居、民間芸能、音楽や舞踊、ボートレース、獅子舞、イベント、各種競技の場など欠かせないものになった。比較的単純な構造で、革と胴の二つの部分からなっている。   革は太鼓の音を出す部分であり、普通は動物の皮を胴に張り、バチで打ち鳴らす。中国では太鼓の種類が非常に多く、舞踊用に腰につける太鼓(腰鼓)、大太鼓、同鼓、花盆鼓(両面に牛革を鋲で張った太鼓。植木鉢のように上部が大きく下部が小さい)などがある。   腰鼓の胴は真ん中が太く、両側が細い筒の形をしている。両面に牛の皮、或いはロバや馬の皮が張られ、太鼓を体に固定するため胴の片側にある二つの輪がヒモでつながっている。四つのサイズがあり、音の高さの差はなく、はっきりとした音が出るのが特徴。民間のヤンコ踊り(豊作を祝う踊りとして中国北部の農村に古くから伝わる民間舞踊。ドラや太鼓に合わせて踊る簡単な踊り)の伴奏にもよく使われるなど、踊り手の道具でもある。叩く時は、腰鼓を斜めに腰に掛け、両手でバチを持って鳴らす。

分享到 :
成都篇 06
2020-09-22 下一篇
相关推荐

神州天馬侠60

 悪入道の末路     三 「まて民部、手荒《てあら》...

神州天馬侠101

 信玄の再来     二 「いよいよ攻めてまいりました...

第二十一章:世界遺産~四川パンダ生息地

四川パンダ生息地は四川省内にあり、卧龍、四姑娘山と挟金山脈を含め、面積は9245k㎡...

猪突猛進

猪突猛進(ちょとつもうしん)一つのことに向かって、後先考えずに突き進むこと。「猛進」...

Leave a Reply

登录... 后才能评论