精彩日文晨读(47)

  • A+
所属分类:精彩日文晨读

孤独の開く愛の扉

  人が一番分からないこと、それは自分の心だと、どこかの賢者がいっている。まさしくそうだ。ちょっと自分の心の中を覗いてみてほしい。自分の素直な気持ちの周囲に何重ものバリアを張ってはいないだろう。中には、自分の気持ちすら見えなくなっている者もいる。

  人は自分から好き好んで心にバリアを張るわけではない。世の中に順応しようと一生懸命生きているうちに、知らず知らずのうちにバリアを張ってしまうのだ。(翻译此句)そして、気がつくと、厚いバリアに囲まれて孤独に喘いでいる自分がいる。

  「いや、人間は孤独ではない。すべての命は一つなのだ」という甘い言葉が行き交っている。しかし、そのような言葉に飛びついても、孤独は決して癒されない。

  「昔、人間真ん丸い形をし、手足が四本ずつあった。ところが、あまりにも人間が強すぎたため、神様が嫉妬し、人間を二つに分けてしまった。それ以来、人間は自分の半身を求め、焦がれるようになった。男女の恋愛の始まりをほのめかすプラトンの逸話だ。この逸話に従えば、人間は自分の一部を失ったゆえに、愛に目覚めたことになる。孤独な人間は大切な何かが自分に欠けていると感じている。だからこそ、愛を渇望するのだ。愛の渇望の強さは孤独の深さに比例する。

  甚だ矛盾しているようだが、愛に囲まれて生きている人間は満たされているゆえに、本当の愛のありがたさに気づけないと言うことがよくある。逆に、孤独の辛酸をなめた人は、それだけ愛や思いやりの大切さに敏感である。

  だから、この世には、出会いだけではなく、分れが用意されているのかもしれない。愛の達人になりたければ、分れの巧者になる必要がありそうだ。?

因孤独而敞开爱的心窗

  不只是哪位智者说过这样的话:人们最不了解的其实是自己的心。想来确是如此。请试着看一看自己的内心深处吧。自己的心是不是被一层又一层的屏障包裹着呢。其中甚至有些人连自己的内心都无法看清。

  人们并非是情愿给自己的心裹上屏障的。那是在努力的适应这个社会的过程当中,不知不觉裹上的。而当你意识到时,那层屏障已经厚的无以复加,只剩下你自己一个人在孤独中喘息。

  “不,人类并不孤独。所有的生命都是一样的。”我们偶尔也会听到这样的谈话。然而,即使你试图用这样的话来安慰自己,你内向的孤独也是不会消失的。

  有这样一个传说:据说人类原本是滚圆滚圆、拥有四只手四只脚的。但是由于人类过于强大,遭到了神的嫉妒,于是神就把人一分为二。从那以后,人类就开始寻找着、思慕着自己的另一半。

  这是一个柏拉图式的男女之爱起源的传说。如果真的是这样的话,也就可以说,人类是当失去了自己的另一半之后才开始爱的觉醒的。孤独的人总能感觉到自己却少了一些很重要的东西。正因为如此才无比的渴望爱。而对爱的渴望又会随着孤独的加深而加剧。

  听起来似乎很矛盾,但正因为到处都是被爱包围着的,生活的无忧无虑的人,所以他们才往往意识不到爱的真正价值。

  所以,除了邂逅,这个世上还铺垫了许多的分开与离别。那么如果你想成为驾驭爱的强者,就有必要先成为应对分别得智者。

精美原文:

发表评论


Notice: Undefined variable: user_ID in /www/wwwroot/jpexam/wp-content/themes/begin lts/comments.php on line 35

:?: :razz: :sad: :evil: :!: :smile: :oops: :grin: :eek: :shock: :???: :cool: :lol: :mad: :twisted: :roll: :wink: :idea: :arrow: :neutral: :cry: :mrgreen:


Notice: Undefined variable: user_ID in /www/wwwroot/jpexam/wp-content/themes/begin lts/comments.php on line 79