贔屓(ひいき)

  • A+
所属分类:美しい言葉

目をかけて引き立てることを「贔屓する」、後援者のことを「ご贔屓」といいますが、その贔屓、実は架空の動物です。 龍には九匹の子供がいましたが、どの子も龍にはなれませんでした。そのうちの一匹が贔屓です。 

顔は龍で、体は亀。重たいものを背負うことを好んだことから、記念碑などの台座に彫られるようになり、やがて力を込めて踏ん張るとか、支えるという意味になりました。 

もともと「ひき」と読まれていたので、「引き」とも重なったのでしょう。 

好きで背負っているとはいえ、重たい石碑を支えているのですから、贔屓も相当大変そうです。 

それでも龍になれなかった夢を抱え続けていくのかもしれません。

 

发表评论


Notice: Undefined variable: user_ID in /www/wwwroot/jpexam/wp-content/themes/begin lts/comments.php on line 35

:?: :razz: :sad: :evil: :!: :smile: :oops: :grin: :eek: :shock: :???: :cool: :lol: :mad: :twisted: :roll: :wink: :idea: :arrow: :neutral: :cry: :mrgreen:


Notice: Undefined variable: user_ID in /www/wwwroot/jpexam/wp-content/themes/begin lts/comments.php on line 79