沙羅(さら)

  • A+
所属分类:美しい言葉

~祇園精舎(ぎおんしょうじゃ)の鐘の音 諸行無常の響きあり 沙羅双樹の花の色 盛者必衰(じょうしゃひっすい)の理(ことわり)をあらわす~(「平家物語」)。 お釈迦様がなくなった場所の四方に、沙羅の木が二本ずつ植えられていたので、沙羅双樹と呼ばれるようになったのだそうです。 

ただ、日本で沙羅の花というと、夏椿(なつつばき)の花をさします。その昔、あるお坊さんが勘違いして広めてしまったのだそうです。 

でも、本家の沙羅より、こちらの沙羅の方が儚さの代名詞として、ふさわしい気がします。 

真っ白な花びらは、透けそうなくらい薄くて柔らかく、朝咲いた花はその日の夜には花ごとぽとりと落ちてしまうのです。 

儚さを知った時、いとおしさが込み上げてくるものですね。

 

发表评论


Notice: Undefined variable: user_ID in /www/wwwroot/jpexam/wp-content/themes/begin lts/comments.php on line 35

:?: :razz: :sad: :evil: :!: :smile: :oops: :grin: :eek: :shock: :???: :cool: :lol: :mad: :twisted: :roll: :wink: :idea: :arrow: :neutral: :cry: :mrgreen:


Notice: Undefined variable: user_ID in /www/wwwroot/jpexam/wp-content/themes/begin lts/comments.php on line 79