第二十章:民間美術~藍染

第二十章:民間美術~藍染

 藍染はかつて江南地区で流行っていた伝統的な彩色した布で、手織り綿布を手染してできたものです。伝統的な染料――藍とは、藍草を水浸して発酵させた後にできた青い沈殿物で、それを液体に溶かし染めると鮮やかな藍色に染め上がります。その色は透明感があり、洗えば洗うほど色が濃くなる特徴があり、体にも優しい。昔、藍染は用途が広く、寝具のカバー、衣類、蚊帳、風呂敷、カーテンなどに用いられていました。  

 図にある右衽のワンピースは、「上海印花布館」に所蔵され、長い時間が経ったものの、色合いは未だ鮮やかである。子孫が永遠に続くシンボルになっている瓜の模様、尊さを表す牡丹、長寿を表す桃などのモチーフが使われています。白と藍のコントラストは、鮮やかに歴史を映り出しています。これは江南地区の農婦の日常生活で着用している伝統的な身なりで、素朴でシックに見えます。 

 

 現在、藍染は多くの若者と外国人にも喜ばれるようになり、藍染でできたアクセサリーやインテリアはおしゃれと人気を呼んでいます。

分享到 :
相关推荐

第二章:政治~国家機構 (2)中国人民政治協商会議

 2、中国人民政治協商会議   中国人民政治協商会議(...

第十九章:中国考古~敦煌莫高窟

 中国北西部にある敦煌莫高窟は巨大な芸術宝庫で、中国の4大石窟の中で最も大きく、最も...

第二十章:民間美術~中国民間美術の中の神々(一)

 昔、お堀は住民の安全を守るもので、それを加護する神は「城隍神」として存在しました。...

2012年高考日语真题-阅读理解

第三部分:阅读理解(共20小题:每小题2.5分,满分50分)(一)言葉は時代に伴って...

Leave a Reply

登录... 后才能评论