咲初小藤(さきそめこふじ)

咲初小藤(さきそめこふじ)

七月の誕生色は、梅雨明けの夏の光に輝いた紫露草(むらさきつゆくさ)の淡い紫です。 昔からある露草は、藍色の小さな花を咲かせますが、紫露草は藤色の花で、明治の初めのころ入ってきた露草の園芸種が野生化したものだそうです。 

どちらも、花の命は一日。散るのではなく、まるで溶けるようにしぼんでしまいます。そして、その養分は、次の花を咲かせるために使われるのだそうです。 

かといって、弱く、はかない花ではありません。強い生命力を持った、たくましい花です。 

一日でしぼんでも、小さな蕾をたくさん用意して、次々と咲かせています。 

いつも、明日の蕾を持っている・・・・・・。それが輝いて見える秘訣なのでしょう。 

さあ、小さな藤色の花が咲きはじめました。

分享到 :
明日(あした)
上一篇 2020-12-26
峠(とうげ)
2020-12-26 下一篇
相关推荐

九、どのように道を聞いたり、車に乗ったりすればいいのか?「場面会話」

「場面会話」会話1A:すみません。B:はい?A:この近くに地下鉄の駅がありますか。B...

一簣之功

一簣之功(いっきのこう)仕事をやり遂げる寸前の最後の努力のこと。「簣」は土を運ぶ竹か...

カラカラ

 カラカラ【意味】水分がなく、乾いた状態を表す。硬いものが触れ合って出る、...

六十五、どのように後悔の気持ちを表現したらいいのか?「場面会話」

「場面会話」会話1A:高校のとき、あまりにも不真面目だったので、大学に受からなかった...

Leave a Reply

登录... 后才能评论