六十、どのように恐怖を表現したらいいのか?「常用表現」

六十、どのように恐怖を表現したらいいのか?「常用表現」

「常用表現」1、常用表現

怖い!

あいつは怖いもの知らずだ。

怖くて、声が出なかった。

彼は怖がって口も利けなかった。

怖くて、大声をあげました。

何も怖がることはないでしょう。

彼は怒ると、怖いです。

私は雷が怖いです。

彼は怖がり屋です。

一人で夜道を歩くのは気味が悪いです。

彼はわざと気味の悪い話しをして、怖がらせました。

こわごわと橋を渡りました。

そんな恐ろしい表情をしないでください。

恐ろしくで身の毛がよだつ。

恐怖に襲われる。

恐怖のあまり、ぽかんとしました。

ホラー映画だから、観ないほうがいいと思うよ。

うちの子は非常に臆病です。

分享到 :
相关推荐

ビジネス用語31

 ■KGIKGI(ケージーアイ)とは「KeyGoalIndicator」の...

六十七、どのように緊急事態に対処したらいいのか?「常用表現」

「常用表現」1、人に手伝いを頼む助けてください!助けて!救急車を呼んでください。車に...

奮励努力

奮励努力(ふんれいどりょく)気力を奮い起こし、努力を重ねること。「奮励」は気力を奮い...

ギコギコ

 ギコギコ【意味】ノコギリで木を切る音を表す。強い抵抗を受けながら摩擦が起...

Leave a Reply

登录... 后才能评论