四字熟语(36)

四字熟语(36)

「自家約籠」(じかやくろう) :いつでも自由に使えるもの。
「只管打坐」(しかんたざ) :禅宗で、余念を交えず、ひたすらに坐禅をすること。
「時期尚早」(じきしょうそう) :ある事を実行するには、時期が早すぎるということ。
「色即是空」(しきそくぜくう) :物質的なものは、すべて実体がなく、むなしい存在であるとする仏教の思想。
「時機到来」(じきとうらい) :チャンスがやって来ること。
「自給自足」(じきゅうじそく) :必要な物を、自分でまかなうこと。
「四苦八苦」(しくはっく) :非常にみ苦労すること。
「自己暗示」(じこあんじ) :自分自身に暗示を与えること。
「試行錯誤」(しこうさくご) :失敗を積み重ねながら、徐々に目的に向かっていくこと。
「自業自得」(じごうじとく) :自分の行った良くないことが、自分の身に降りかかってくること。

分享到 :
四字熟语(37)
上一篇 2020-12-26
四字熟语(34)
2020-12-26 下一篇
相关推荐

《開化の良人》

いつぞや上野(うえの)の博物館で、明治初期の文明に関する展覧会が開かれていた時の事で...

《论语》中日对照阅读-第十二章 论语颜渊(がんえん)篇02

汉语原文仲弓问仁,子曰:出门如见大宾,使民如承大祭。己所不欲,勿施于人。在邦无怨,在...

日语精彩阅读(19)

古くて新しい木造住宅 古老而新颖的木制住宅  かつて日本のどこにでもあった古いスタイ...

《论语》中日对照阅读-第六章 论语雍也(ようや)篇04

汉语原文子华使于齐,冉子为其母请粟。子曰:与之釜。请益,曰:与之庾。冉子与之粟五秉。...

Leave a Reply

登录... 后才能评论