四字熟语(30)

四字熟语(30)

「極楽浄土」(ごくらくじょうど) :この世でよいことをした人が死後に行く所。
「国利民福」(こくりみんぷく) :国家の利益と人民の幸福。
「孤軍奮闘」(こぐんふんとう) :他の助けを借りずに一人で懸命に努力すること。
「股肱之臣」(ここうのしん) :頼りになる家来のこと。
「五穀豊穣」(ごこくほうじょう) :穀物が豊に実ること。
「古今東西」(ここんとうざい) :いつでもどこでも。
「古今無双」(ここんむそう) :昔から今日まで、他に並ぶものがない。
「虎視眈々」(こしたんたん) :物事を成し遂げる機会をじっとうかがっているさま。
「後生大事」(ごしょうだいじ) :非常にたいせつに保持すること。
「孤城落日」(こじょうらくじつ) :昔の勢いが衰えて、助けてくれる者もなく、心細いこと。

分享到 :
四字熟语(31)
上一篇 2020-12-26
四字熟语(29)
2020-12-26 下一篇
相关推荐

《论语》中日对照阅读-第十七章 论语阳货(ようか)篇23

汉语原文子路曰:君子尚勇乎?子曰:君子义以为上。君子有勇而无义为乱,小人有勇而无义为...

《秋山図》

「――黄大癡(こうたいち)といえば、大癡の秋山図(しゅうざんず)をご覧(らん)になっ...

《蛙》

自分の今寝ころんでゐる側(わき)に、古い池があつて、そこに蛙(かへる)が沢山(たくさ...

Leave a Reply

登录... 后才能评论