《京都日記》

《京都日記》

光悦寺

光悦寺(くわうえつじ)へ行つたら、本堂の横手の松の中に小さな家が二軒立つてゐる。それがいづれも妙に納(をさま)つてゐる所を見ると、物置きなんぞの類ではないらしい。らしい所(どころ)か、その一軒には大倉喜八郎(おほくらきはちらう)氏の書いた額(がく)さへも懸(かか)つてゐる。そこで案内をしてくれた小林雨郊(こばやしうかう)君をつかまへて、「これは何(なん)です」と尋ねたら、「光悦会(くわうえつくわい)で建てた茶席です」と云ふ答へがあつた。
自分は急に、光悦会がくだらなくなつた。
「あの連中は光悦に御出入(おでいり)を申しつけた気でゐるやうぢやありませんか。」
小林君は自分の毒口(どくぐち)を聞いて、にやにや笑ひ出した。
「これが出来たので鷹(たか)ヶ峯(みね)と鷲(わし)ヶ峯(みね)とが続いてゐる所が見えなくなりました。茶席など造るより、あの辺の雑木(ざふき)でも払へばよろしいにな。」
小林君が洋傘(かうもり)で指さした方(はう)を見ると、成程(なるほど)もぢやもぢや生え繁つた初夏(しよか)の雑木(ざふき)の梢(こずゑ)が鷹ヶ峯の左の裾を、鬱陶(うつたう)しく隠してゐる。あれがなくなつたら、山ばかりでなく、向うに光つてゐる大竹藪(おほたけやぶ)もよく見えるやうになるだらう。第一その方が茶席を造るよりは、手数(てすう)がかからないのに違ひない。
それから二人(ふたり)で庫裡(くり)へ行つて、住職の坊さんに宝物(はうもつ)を見せて貰つた。その中に一つ、銀の桔梗(ききやう)と金(きん)の薄(すすき)とが入り乱れた上に美しい手蹟(しゆせき)で歌を書いた、八寸四方位(くらゐ)の小さな軸(ぢく)がある。これは薄(すすき)の葉の垂れた工合(ぐあひ)が、殊に出来が面白い。小林君は専門家だけに、それを床柱(とこばしら)にぶら下げて貰つて、「よろしいな。銀もよう焼けてゐる」とか何(なん)とか云つてゐる。自分は敷島(しきしま)を啣(くは)へて、まだ仏頂面(ぶつちやうづら)をしてゐたが、やはりこの絵を見てゐると、落着きのある、朗(ほがらか)な好(い)い心もちになつて来た。
が、暫(しばら)くすると住職の坊さんが、小林君の方を向いて、こんな事を云った。
「もう少しすると、又一つ茶席が建ちます。」
小林君もこれには聊(いささ)か驚いたらしい。
「又光悦会ですか。」
「いいえ、今度は個人でございます。」
自分は忌々(いまいま)しいのを通り越して、へんな心もちになつた。一体光悦(くわうえつ)をどう思つてゐるのだか、光悦寺をどう思つてゐるのだか、もう一つ序(ついで)に鷹ヶ峯をどう思つてゐるのだか、かうなると、到底(たうてい)自分には分らない。そんなに茶席が建てたければ、茶屋四郎次郎(ちややしらうじらう)の邸跡(やしきあと)や何かの麦畑でも、もつと買占めて、むやみに囲ひを並べたらよからう。さうしてその茶席の軒(のき)へ額(がく)でも提灯(ちやうちん)でもべた一面に懸けるが好(よ)い。さうすれば自分も始めから、わざわざ光悦寺などへやつて来はしない。さうとも。誰が来るものか。
後(あと)で外へ出たら、小林君が「好(い)い時に来ました。この上茶席が建つたらどうもなりません。」と云つた。さう思つて見れば確(たしか)に好い時に来たのである。が、一つの茶席もない、更に好い時に来なかつたのは、返す返すも遺憾(ゐかん)に違ひない。――自分は依然として仏頂面(ぶつちやうづら)をしながら、小林君と一しよに竹藪の後(うしろ)に立つてゐる寂しい光悦寺の門を出た。

或雨(あま)あがりの晩に車に乗つて、京都の町を通つたら、暫(しばら)くして車夫(しやふ)が、どこへつけますとか、どこへつけやはりますとか、何とか云つた。どこへつけるつて、宿(やど)へつけるのにきまつてゐるから、宿だよ、宿だよと桐油(とうゆ)の後(うしろ)から、二度ばかり声をかけた。車夫はその御宿(おやど)がわかりませんと云つて、往来(わうらい)のまん中に立ち止まつた儘、動かない。さう云はれて見ると、自分も急に当惑(たうわく)した。宿の名前は知つてゐるが、宿の町所(ちやうどころ)は覚えてゐない。しかもその名前なるものが、甚(はなはだ)平凡を極(きは)めてゐるのだから、それだけでは、いくら賢明な車夫にしても到底(たうてい)満足に帰られなからう。
困つたなと思つてゐると、車夫が桐油(とうゆ)を外(はづ)してこの辺ぢやおへんかと云ふ。提灯(ちやうちん)の明りで見ると、車の前には竹藪があつた。それが暗の中に万竿(ばんかん)の青(せい)をつらねて、重なり合つた葉が寒さうに濡(ぬれ)て光つてゐる。自分は大へんな所へ来たと思つたから、こんな田舎(ゐなか)ぢやないよ、横町(よこちやう)を二つばかり曲ると、四条(しでう)の大橋(おほはし)へ出る所なんだと説明した。すると車夫が呆(あき)れた顔をして、ここも四条の近所どすがなと云つた。そこでへええ、さうかね、ぢやもう少し賑(にぎや)かな方(はう)へ行つて見てくれ、さうしたら分るだらうと、まあ一時を糊塗(こと)して置いた。所がその儘、車が動き出して、とつつきの横丁を左へ曲つたと思ふと、突然歌舞練場(かぶれんぢやう)の前へ出てしまったから奇体(きたい)である。それも丁度(ちやうど)都踊(みやこをど)りの時分だつたから、両側には祗園団子(ぎをんだんご)の赤い提灯が、行儀(ぎやうぎ)よく火を入れて並んでゐる。自分は始めてさつきの竹藪が、建仁寺(けんにんじ)だつたのに気がついた。が、あの暗を払つてゐる竹藪と、この陽気な色町(いろまち)とが、向ひ合つてゐると云ふ事は、どう考へても、嘘のやうな気がした。その後(のち)、宿へは無事に辿(たど)りついたが、当時の狐につままれたやうな心もちは、今日(けふ)でもはつきり覚えてゐる。……
それ以来自分が気をつけて見ると、京都界隈(かいわい)にはどこへ行つても竹藪がある。どんな賑(にぎやか)な町中(まちなか)でも、こればかりは決して油断が出来ない。一つ家並(やなみ)を外(はづ)れたと思ふと、すぐ竹藪が出現する。と思ふと、忽ち又町になる。殊に今云つた建仁寺(けんにんじ)の竹藪の如きは、その後(のち)も祗園(ぎをん)を通りぬける度に、必ず棒喝(ぼうかつ)の如く自分の眼前へとび出して来たものである。……
が、慣れて見ると、不思議に京都の竹は、少しも剛健な気がしない。如何(いか)にも町慣れた、やさしい竹だと云ふ気がする。根が吸ひ上げる水も、白粉(おしろい)の※(「均のつくり」、第3水準1-14-75)ひがしてゐさうだと云ふ気がする。もう一つ形容すると、始めから琳派(りんは)の画工の筆に上(のぼ)る為に、生えて来た竹だと云ふ気がする。これなら町中(まちなか)へ生えてゐても、勿論少しも差支(さしつか)へはない。何(なん)なら祗園(ぎをん)のまん中にでも、光悦(くわうえつ)の蒔絵(まきゑ)にあるやうな太いやつが二三本、玉立(ぎよくりつ)してゐてくれたら、猶更(なほさら)以て結構だと思ふ。
裸根(はだかね)も春雨竹(はるさめだけ)の青さかな
大阪へ行つて、龍村(たつむら)さんに何か書けと云はれた時、自分は京都の竹を思ひ出して、こんな句を書いた。それ程竹の多い京都の竹は、京都らしく出来上つてゐるのである。

舞妓(まひこ)

上木屋町(かみきやまち)のお茶屋で、酒を飲んでゐたら、そこにゐた芸者が一人、むやみにはしやぎ廻つた。それが自分には、どうも躁狂(さうきやう)の下地(したぢ)らしい気がした。少し気味が悪くなつたから、その方(はう)の相手を小林(こばやし)君に一任して、隣にゐた舞妓(まひこ)の方を向くと、これはおとなしく、椿餅(つばきもち)を食べてゐる。生際(はえぎは)の白粉(おしろい)が薄くなつて、健康らしい皮膚が、黒く顔を出してゐる丈(だけ)でも、こつちの方が遙(はるか)に頼もしい気がする。子供らしくつて可愛(かはい)かつたから、体操を知つてゐるかいと訊(き)いて見た。すると、体操は忘れたが、縄飛びなら覚えてゐると云ふ答へがあつた。ぢややつてお見せと云ひたかつたが、三味線(しやみせん)の音(ね)がし出したから見合せた。尤(もつと)もさう云つても、恐らくやりはしなかつたらう。
この三味線(しやみせん)に合せて、小林君が大津絵(おほつゑ)のかへ唄を歌つた。何(なん)でも文句(もんく)は半切(はんせつ)に書いたのが内にしまつてあつて、それを見ながらでないと、理想的には歌へないのださうである。時々あぶなくなると、そこにゐた二三人の芸者が加勢をした。更にその芸者があぶなくなると、おまつさんなる老妓(らうぎ)が加勢をした。その色々の声が、大津絵を補綴(ほてつ)して行く工合(ぐあひ)は、丁度(ちやうど)張(は)り交(ま)ぜの屏風(びやうぶ)でも見る時と、同じやうな心もちだつた。自分は可笑(をか)しくなつたから、途中であははと笑ひ出した。すると小林君もそれに釣りこまれて、とうとう自分で大津絵を笑殺(せうさつ)してしまつた。後はおまつさんが独りでしまひまで歌つた。
それから小林君が、舞妓(まひこ)に踊(をどり)を所望した。おまつさんは、座敷が狭いから、唐紙(からかみ)を明(あ)けて、次の間(ま)で踊ると好(い)いと云ふ。そこで椿餅(つばきもち)を食べてゐた舞妓が、素直(すなほ)に次の間へ行つて、京の四季を踊つた。遺憾ながらかう云ふ踊になると、自分にはうまいのだかまづいのだかわからない。が、花簪(はなかんざし)が傾いたり、だらりの帯が動いたり、舞扇(まひあふぎ)が光つたりして、甚(はなはだ)綺麗(きれい)だつたから、鴨(かも)ロオスを突(つつ)つきながら、面白がて眺めてゐた。
しかし実を云ふと、面白がつて見てゐたのは、単に綺麗だつたからばかりではない。舞妓(まひこ)は風を引いてゐたと見えて、下を向くやうな所へ来ると、必ず恰好(かつかう)の好(い)い鼻の奥で、春泥(しゆんでい)を踏むやうな音がかすかにした。それがひねつこびた教坊(けうばう)の子供らしくなくつて、如何(いか)にも自然な好(い)い心もちがした。自分は酔(よ)つてゐて、妙に嬉しかつたから、踊がすむと、その舞妓に羊羹(やうかん)だの椿餅だのをとつてやつた。もし舞妓にきまりの悪い思ひをさせる惧(おそれ)がなかつたなら、お前は丁度(ちやうど)五度(ごたび)鼻洟(はなみづ)を啜(すす)つたぜと、云つてやりたかつた位である。
間(ま)もなく躁狂(さうきやう)の芸者が帰つたので、座敷は急に静になつた。窓硝子(ガラス)の外を覗(のぞ)いて見ると、広告の電燈の光が、川の水に映(うつ)つてゐる。空は曇つてゐるので、東山(ひがしやま)もどこにあるのだか、判然しない。自分は反動的に気がふさぎ出したから、小林君に又大津絵(おほつゑ)でも唄ひませんかと、云つた。小林君は脇息(けふそく)によりかかりながら、子供のやうに笑つて、いやいやをした。やはり大分(だいぶ)酔(ゑひ)がまはつてゐたのだらう。舞妓は椿餅にも飽きたと見えて、独りで折鶴(をりづる)を拵(こしら)へてゐる。おまつさんと外(ほか)の芸者とは、小さな声で、誰かの噂か何かしてゐる。――自分は東京を出て以来、この派手(はで)なお茶屋の中で、始めて旅愁(りよしう)らしい、寂しい感情を味(あぢは)つた。
(大正七年六月)
(声明:本文内容均出自日本青空文库,仅供学习使用,勿用于任何商业用途。)

分享到 :
《南瓜》
上一篇 2021-01-12
《蜘蛛の糸》
2021-01-12 下一篇
相关推荐

法律日语(08)

监察委员会 監察委員会(かんさついいんかい)法院    ...

日语中关于学生的词汇(4)

及格    合格(ごうかく)    &nbs...

四字熟语(19)

「奇奇怪怪」(ききかいかい) :普通では考えられない、怪しく、不思議なさま。「危急存...

容易被误认的日语汉字 4

 キョウコウな態度。採決をキョウコウする。強硬強行  ...

Leave a Reply

登录... 后才能评论