《一人の無名作家》

《一人の無名作家》

七八年前(ぜん)のことです。加賀(かが)でしたか能登(のと)でしたか、なんでも北国の方の同人(どうじん)雑誌でした。今では、その雑誌の名も覚えて居ませんが、平家物語(へいけものがたり)に主題を取つて書いた小説の載(の)つてゐるのを見たことがあります。その作者は、おそらく青年だつたらうと思ひます。
その小説は、三回に分れて居りました。
一は、平家物語の作者が、大原御幸(おほはらごかう)のところへ行つて、少しも筆が進まなくなつて、困り果てて居るところで、そのうち、突然、インスピレエシヨンを感じて、――甍(いらか)破れては霧(きり)不断(ふだん)の香(かう)を焚(た)き、枢(とぼそ)落ちては月常住(じやうぢゆう)の灯(ともしび)を挑(かか)ぐ――と、云ふところを書くところが、書いてありました。
それから二は、平家物語の註釈者(ちゆうしやくしや)のことで、この註釈者が、今引用した――甍(いらか)破れては……のところへ来て、その語句の出所(しゆつしよ)などを調べたり考へたりするけれども、どうしても解(わか)らないので、俺(おれ)などはまだ学問が足りないのだ、平家物語を註釈する程に学問が出来て居ないのだと言つて、慨歎(がいたん)して筆を擱(お)くところが書いてありました。
三は現代で、中学校の国語の先生が、生徒に大原御幸(おはらごかう)の講義をしてゐるところで、先生が、この――霧(きり)不断(ふだん)の香(かう)を焚(た)き……と云ふやうな語句は、昔からその出所も意味も解らないものとされて居ると云ふと、席の隅の方に居た生徒が「そこが天才の偉いところだ」と、独言(ひとりごと)のやうに呟(つぶや)くところが書いてありました。
今はその青年の名も覚えて居りませんが、その作品が非常によかつたので、今でもそのテエマは覚えてゐるのですが、その青年の事は、折々今でも思ひ出します。才を抱(いだ)いて、埋(うづ)もれてゆく人は、外(ほか)にも沢山(たくさん)ある事と思ひます。(大正十五年三月)
(声明:本文内容均出自日本青空文库,仅供学习使用,勿用于任何商业用途。)

分享到 :
《偸盗》
上一篇 2021-01-12
《毛利先生》
2021-01-12 下一篇
相关推荐

《片恋》

(一しょに大学を出た親しい友だちの一人に、ある夏の午後京浜電車(けいひんでんしゃ)の...

四字熟语(17)

「眼高手低」(がんこうしゅてい) :理想は高いが、実行力はない。「冠婚葬祭」(かんこ...

ビジネス用語30

 ■グロースハックグロースハックというビジネス用語はgrowth(=成長)...

生活场景日语(21)

A:おかけください。どうなさいましたか。 请坐,您怎么了?(なさる是する的敬语)B:...

Leave a Reply

登录... 后才能评论