日本文化练习题(62)

日本文化练习题(62)

2.浮世絵浮世絵は江戸時代に成立した絵画のジャンルである。民衆的風俗画の一様式で肉筆画や版画が普及した。画題は芝居の情景、美女、役者の似顔絵を主とし、歴史画や風景・花鳥に及ぶ。初期の浮世絵は肉筆画と木版の単色刷り(墨摺絵)が主である。その後、墨摺絵に赤い顔料で着色した丹絵(たんえ)、紅絵(べにえ)、紅絵の黒い部分に膠を塗って光沢を出した漆絵(うるしえ)が登場、以上はすべて筆による彩色であった。さらに紅絵に緑色など二、三色を版摺りによって加えた紅摺絵(べにずりえ)が登場する。錦絵登場の直前、輪郭線すらも墨を用いず「露草」の青とした水絵(みずえ)と呼ばれる、極端に彩度の低い多色刷りも生まれている。その後、鮮やかな多色刷りの東錦絵(吾妻錦絵、江戸絵)が編み出され、浮世絵文化が開花する。 

分享到 :
相关推荐

日本文化练习题(70)

10.悪人正機悪人正機(は、浄土真宗の教義の中で重要な意味を持つ思想で、「悪人こそが...

日本文化练习题(72)

12.遣唐使遣唐使とは、630-894年の260年の間に20回任命され、15回唐に派...

日本文化练习题(53)

日本特有の伝統芸能に、( )能、狂言が上げられる。①お田植②歌舞伎③川柳④...

日本文化练习题(115)

20.町人文化の形成された背景は何ですか幕府の強固な支配体制のもと、戦乱のない平和の...

Leave a Reply

登录... 后才能评论