日本文化练习题(64)

日本文化练习题(64)

4.三経義疏『三経義疏』とは、聖徳太子によって著されたとされる『法華義疏』・『勝鬘経義疏』・『維摩経義疏』の総称である。著書の作者について、色んな説があり、以下のように諸説はあるが、決着を見ていない1)聖徳太子が自筆して、著した。2)中国の書が600年ないし607年の隋との交流から日本にもたらされ、これらを参考に聖徳太子が著作した。3)そのころ朝鮮半島から来日した僧が聖徳太子の下で著作した。4)そのころ中国から入手した書の中から聖徳太子が選び出した。5)天平勝宝4年(753年)までのいずれの時代かに中国から渡来した輸入品である。

分享到 :
相关推荐

日本文化练习题(72)

12.遣唐使遣唐使とは、630-894年の260年の間に20回任命され、15回唐に派...

日本文化练习题(78)

18.前方後園墳日本における古墳の一形式で3世紀から7世紀頃にかけて盛んに造成された...

日本文化练习题(129)

34.近代日本における国学について、のべなさい。日本の古典や古代史を研究することによ...

日本文化练习题(53)

日本特有の伝統芸能に、( )能、狂言が上げられる。①お田植②歌舞伎③川柳④...

Leave a Reply

登录... 后才能评论