日本文化练习题(65)

日本文化练习题(65)

5.銅鐸弥生時代に製造された釣鐘型の青銅器である。大きさは12センチから1メートルを越すものまである。現存する最大は、144センチ、45キログラムに達する。中国の銅鈴が起源とされるが、日本で出土する形状に類似するものは見つかっていない。また、朝鮮半島には、朝鮮銅鐸と言われる文字も絵もない小型のものが出土する。それらの影響は考えられるが、その後日本の銅鐸は日本で独自に発達した。現在のところ用途は未だ定かではないが、出土状況や表面に遺された痕跡などから使用方法はある程度明らかにされている。

分享到 :
相关推荐

日本文化练习题(50)

筝曲とは琴、三味線、( )合奏曲もさす。①小鼓②太鼓③尺八④琵琶 ...

日本文化练习题(60)

今(2002年現在)日本政党として( )ぐらいある。①六つ②ななつ③八つ④九つ&nb...

日本文化练习题(86)

26.憲法十七条603年、聖徳は初めて、十七条の憲法を作った。内容の核心は当時の政治...

日本文化练习题(128)

33.冠位十二階が実施された目的聖徳太子により制定された才能や功績に応じて位階を与え...

Leave a Reply

登录... 后才能评论