日本文化练习题(68)

日本文化练习题(68)

8.古義学派 江戸時代、伊藤仁斎によって唱えられた儒学の一派。仁斎の学問手法は、当時支配的だった朱子学的経典解釈を廃した。朱子学は学問体系としては非常に整ってはいたが、その成立過程に流入した禅学や老荘思想といった非儒教的な思想のために経書の解釈において偏りがあった。仁斎はそのような要素を儒学にとって不純なものとみなし、いわば実証主義的な方法を用いた。このような傾向は同時代の儒学研究に共通にみられるものである。仁斎は朱子学の「理」の思想に反して、「情」を 積極的に価値づけした。客観的でよそよそしい理屈よりも人間的で血液の通った心情を信頼している。四端の心や性善説を唱えた。 

分享到 :
相关推荐

日本文化练习题(83)

23.镰倉新佛教鎌倉時代には、天台と真言の両宗が密教化し、信仰の対象としての位置を失...

日本文化练习题(110)

15.近世日本における朱子学はどんな地位にあったか徳川家康は儒仏の分離を求め、林羅山...

日本文化练习题(129)

34.近代日本における国学について、のべなさい。日本の古典や古代史を研究することによ...

日本文化练习题(45)

日本の国歌( )の歌詞は『古今和歌集』は収録されている和歌である。①君の名...

Leave a Reply

登录... 后才能评论