日本文化练习题(70)

日本文化练习题(70)

10.悪人正機悪人正機(は、浄土真宗の教義の中で重要な意味を持つ思想で、「悪人こそが阿弥陀仏の本願(他力本願)による救済の主正の根機である」という意味である。阿弥陀仏が救済したい対象は、衆生である。すべての衆生は、末法濁世を生きる煩悩具足の凡夫たる「悪人」である。よって「悪人」であると目覚させられた者こそ、阿弥陀仏の救済の対象であることを知りえるという意である。

分享到 :
相关推荐

日本文化练习题(83)

23.镰倉新佛教鎌倉時代には、天台と真言の両宗が密教化し、信仰の対象としての位置を失...

日本文化练习题(74)

14.勘合貿易貿易をする際、倭寇や私貿易船と区別するため、明から交付される勘合符と呼...

日本文化练习题(113)

18.鎖国令の目的は何ですか原因としては、二つが挙げられますまず、キリスト教の禁教政...

日本文化练习题(63)

3.邪馬台国倭では、2世紀後半に大きな戦乱が起こり、3世紀になって、邪馬台国の卑弥呼...

Leave a Reply

登录... 后才能评论