日本文化练习题(74)

日本文化练习题(74)

14.勘合貿易貿易をする際、倭寇や私貿易船と区別するため、明から交付される勘合符と呼ばれる証符を持参することがぎむであった、いわゆる勘合貿易の方式である。勘合符というのは遣明船が中国に入る際に、「日本」を書いた勘合符を半分ずつ持ち、互いを確認するという形の貿易の事である。この時期の貿易はひどく制限されて、その後、正式な朝貢貿易はほぼ断絶した。

分享到 :
相关推荐

日本文化练习题(08)

着物は正裝として用いられたのは( )時代のことであった。①平安②鎌倉③室町④江户&n...

日本文化练习题(115)

20.町人文化の形成された背景は何ですか幕府の強固な支配体制のもと、戦乱のない平和の...

日本文化练习题(64)

4.三経義疏『三経義疏』とは、聖徳太子によって著されたとされる『法華義疏』・『勝鬘経...

日本文化练习题(98)

3.元禄文化の特徴について述べなさい元禄文化とは、17世紀終わり頃から18世紀初頭に...

Leave a Reply

登录... 后才能评论