日本文化练习题(78)

日本文化练习题(78)

18.前方後園墳日本における古墳の一形式で3世紀から7世紀頃にかけて盛んに造成された。平面が円形と方形の墳丘を組み合わせた形状は、日本独特の特徴であり、出現期より規模の巨大さを特徴としている。6世紀になると前方後円墳の造られ方に変化が生じてくる。関東地方以西ではほとんどの前方後円墳の規模が縮小したである。後円部は、前方後円墳で最も大切な場所である。それは、そこに亡き首長を埋葬し、盛大に埋葬祭祀が行われてきたからである。

分享到 :
相关推荐

日本文化练习题(53)

日本特有の伝統芸能に、( )能、狂言が上げられる。①お田植②歌舞伎③川柳④...

日本文化练习题(67)

7.摂関政治摂関政治とは、平安時代に藤原氏の良房流一族が、代々摂政や関白あるいは内覧...

日本文化练习题(127)

32.中国古代史書に記された邪馬台国について、のべなさい邪馬台国は、3世紀に日本列島...

日本文化练习题(49)

東大寺、唐招提寺、( )などは世界最古の木建築として今日にまで伝っている。...

Leave a Reply

登录... 后才能评论