日本文化练习题(79)

日本文化练习题(79)

19.踊念仏踊念仏とは、太鼓・鉦などを打ち鳴らし、踊りながら念仏・和讃を唱えること。その起源は平安時代中期の僧空也にあるといわれる。鎌倉時代、時宗の一遍が信濃国の伴野を訪れたとき、空也に倣って踊念仏を行った。 時宗の踊念仏は、現在も実演を行なっているのは、前述の佐久市の跡部(野沢のやや西方)の西方寺のもののみで、重要無形民俗文化財に指定されている。 同じ時期に九州の浄土宗の僧・一向俊聖も一遍とは別に踊念仏を行った。それ以来、時宗・一向宗(一向俊聖の系統の事で浄土真宗とは別宗派、後の時宗一向派)の僧が遊行に用いるようになり全国に広まった。

分享到 :
相关推荐

日本文化练习题(127)

32.中国古代史書に記された邪馬台国について、のべなさい邪馬台国は、3世紀に日本列島...

日本文化练习题(59)

日本総面積の60%を占める重要な島は( )である。①本州 ②北海...

日本文化练习题(57)

憲法の第( )条に、戦争放棄、戦力の不保持、交戦権の否定の規定がある。①1...

日本文化练习题(103)

 8.室町時代の「勘合貿易」が中日両国の文化にどんな影響を与えたか。室町時...

Leave a Reply

登录... 后才能评论