日本文化练习题(83)

日本文化练习题(83)

23.镰倉新佛教鎌倉時代には、天台と真言の両宗が密教化し、信仰の対象としての位置を失うにつれて、浄土思想が持ち始めた。宗教としての浄土教や鎌倉新仏教が現れてきたのである。鎌倉新仏教は浄土宗、浄土真宗、次週と日蓮宗及び禅宗系の臨済宗、曹洞宗に分けられた。平安時代の末期から、戦乱が相ついておこり、人々は極度の不安に陥った。すでに摂関政治の頃から、政治退廃と社会不安が増大し、末法到来の思想が人々の間に浸透し、とくに貴族階級を中心に浄土思想が広まっていた。

分享到 :
相关推荐

日本文化练习题(46)

日本では漢字、( )、カタカナの3種類の文字のほか、ローマ字も使われること...

日本文化练习题(73)

13.古文辞学派荻生徂徠が唱えた儒学。宋学を否定し伊藤仁斎の古義学や明の古文辞派の影...

日本文化练习题(104)

9.近世初頭の禁教政策が実施された背景は何か1)徳川家康は貿易の利益を重く見て、はじ...

日本文化练习题(116)

21.縄文文化の特徴について述べなさい約10000年前、大地は変わり、気候が温暖化に...

Leave a Reply

登录... 后才能评论