日本文化练习题(86)

日本文化练习题(86)

26.憲法十七条603年、聖徳は初めて、十七条の憲法を作った。内容の核心は当時の政治情勢に顧みて、君臣の別を確立し、王室を中心とする中央集権国樹立への足固めを目指いしているところにあった。これは、日本の最初の成文法で。憲法というより、道徳の色彩が強い。官吏・貴族の守りべき政治道徳十七条を漢文で記したもので君、臣、民の三要素から、新しい国家観、政治思想が示されている。憲法十七条の内容は仏教、儒教、法家の影響が強く、天皇を中心とする国家意識が強調され、大化改新の政治理念となった。

分享到 :
相关推荐

日本文化练习题(71)

11.垂加神道江戸初期に、山崎闇斎が提唱した神道説。儒教、特に朱子学や吉田神道・伊勢...

日本文化练习题(70)

10.悪人正機悪人正機(は、浄土真宗の教義の中で重要な意味を持つ思想で、「悪人こそが...

日本文化练习题(06)

言文一致運動の先頭に立って、小說『浮雲』を書いたのは( )である。①尾崎紅葉②島崎藤...

日本文化练习题(109)

14.室町文化の特徴は何か。室町文化の特色は伝統的な公家文化基礎を置いた武家文化に禅...

Leave a Reply

登录... 后才能评论