日本文化练习题(88)

日本文化练习题(88)

28.公地公民製公地公民制とは、日本の飛鳥時代~奈良時代までの律令制が構築される過程において発生したとされる、全ての土地と人民は公 - すなわち天皇に帰属するとした制度である。公地公民の原則に従って、朝廷は班田収授法に基づき人民へ口分田を与え、租税を納める義務を課した。この原則は、701年に制定された大宝律令にも継承され、律令制の根幹原則となった。しかし、奈良時代に入ると三世一身法や墾田永年私財法により、人民による土地の私有が認められると、土地の公有という公地公民の原則が次第に形骸化していった。そして、土地私有によって荘園が盛行すると公地公民制は崩壊し、公地公民を原則とする律令制も瓦解への道をたどった。

分享到 :
相关推荐

日本文化练习题(71)

11.垂加神道江戸初期に、山崎闇斎が提唱した神道説。儒教、特に朱子学や吉田神道・伊勢...

日本文化练习题(67)

7.摂関政治摂関政治とは、平安時代に藤原氏の良房流一族が、代々摂政や関白あるいは内覧...

日本文化练习题(132)

37.近世日本の蘭学はどのような学問か蘭学は、江戸時代にオランダを通じて日本に入って...

免费下载-日本文化常识

免费下载-日本文化常识声明:本站所有文章,如无特殊说明或标注,均为本站原创发布。任何...

Leave a Reply

登录... 后才能评论