日本文化练习题(89)

日本文化练习题(89)

29.院政院政とは、在位する天皇の直系尊属である太上天皇(上皇)が、天皇に代わって政務を直接行う形態の政治である。特に白河上皇の1086年から平家滅亡の1185年頃までを「院政時代」と呼ぶことがある。院政時期では、藤原氏と関係のなかった後三条天皇は朝廷の力を強めようとして。次の白河天皇は上皇となって、摂政、関白を無力に院で政治を行われる。

分享到 :
相关推荐

日本文化练习题(111)

16.いわゆる三種の神器どのようにできたのか三種の神器とは、天孫降臨の時に、天照大神...

日本文化练习题(07)

三月三日、桃の節句に飾っている人形は( )という。①雏人形②武者人形③博多人形④不芥...

日本文化练习题(127)

32.中国古代史書に記された邪馬台国について、のべなさい邪馬台国は、3世紀に日本列島...

日本文化练习题(103)

 8.室町時代の「勘合貿易」が中日両国の文化にどんな影響を与えたか。室町時...

Leave a Reply

登录... 后才能评论