日本文化练习题(96)

日本文化练习题(96)

1.縄文人の生活様式について述べなさい。約10000年前、大地は変わり、気候が温暖化になって、自然の環境変化に応じ、狩猟に限らず、漁労も始まっていた。人類を新世代へ進ませた。弓矢?磨製石器?土器などの使用を特徴とする。この時代では、単純な狩猟や漁労でけでなく、野菜類の栽培や、後に黒ものの生産を行い、犬と豚も飼育を行っていたことがあきらかになりつつある。人々は集団で、力を合わせて働き、収穫物を分け合った。食料獲得の技術が進歩したが、自然に左右される事がまた多い。各地の貝塚から出土した骨角針や骨角刀から見ると、縄文時はすでに縫製技術を持っていたと考えられるから、人々は狩猟や漁労からとった獣や魚の皮を服装を材料とした。夏は編布(あんぎん)という布で作った涼しい植物性服を、冬は皮製の服をと、或いは、布製の服を下に、皮製のを外に巻くのも考えられます。

分享到 :
相关推荐

日本文化练习题(94)

35.歌舞伎歌舞伎とは、なんですか歌舞伎という言葉は、異様な身なりをして、常識外れの...

日本文化练习题(90)

30.俳諧俳諧は俳諧の連歌の略称で、「俳諧」とはもともと滑稽という意である。この俳諧...

日本文化练习题(129)

34.近代日本における国学について、のべなさい。日本の古典や古代史を研究することによ...

日本文化练习题(06)

言文一致運動の先頭に立って、小說『浮雲』を書いたのは( )である。①尾崎紅葉②島崎藤...

Leave a Reply

登录... 后才能评论