日本文化练习题(98)

日本文化练习题(98)

3.元禄文化の特徴について述べなさい元禄文化とは、17世紀終わり頃から18世紀初頭にかけて、元禄時代を中心として、主に京都?大坂などの上方を中心に発展した文化である。特色として庶民的な面が濃く現れているが、必ずしも町人の出身ばかりでなく、元禄文化の担い手として武士階級出身の者も多かった。元禄年間になると、近世的な特色が全面的に開花することになった。小説で、井原西鶴が人間の欲望を肯定した浮世草子を創始し、俳諧では芭蕉が俳諧の文学性を高め、浄瑠璃では、近松が義理と人情を哀切に描いた。これらの作品はいずれも人間性を深く洞察した作品で、近世文學の黄金時代を築いた。

分享到 :
相关推荐

日本文化练习题(49)

東大寺、唐招提寺、( )などは世界最古の木建築として今日にまで伝っている。...

日本文化练习题(115)

20.町人文化の形成された背景は何ですか幕府の強固な支配体制のもと、戦乱のない平和の...

日本文化练习题(106)

11.縄文時代の土偶は何のために用いたと考えられているのか。縄文時代にあらわれた土器...

日本文化练习题(94)

35.歌舞伎歌舞伎とは、なんですか歌舞伎という言葉は、異様な身なりをして、常識外れの...

Leave a Reply

登录... 后才能评论