日本文化练习题(102)

日本文化练习题(102)

7.いわゆる「国風文化」をどう見るべきか?平安中期には国風文化と呼ばれる日本的な貴族文化が開花した。貴族が着用する衣服は束帯(そくたい)という日本と独特な正装へと変化した。また、漢字を崩した表音文字である仮名が生まれたのものの時期である。宮廷の後宮には貴族出身の女房が多数出仕していたが、これらの女房は高い教養を持ち、仮名を駆使して多くの物語?日記文化を生み出した。上流貴族らの邸宅は寝殿像と呼ばれる日本独自の発展を遂げて生まれた日本風の建築様式により建てられていた。国風文化の特徴として、まず挙げられるのは仮名文学の発達であり、そして、代表的な文学は和歌である。 

分享到 :
相关推荐

日本文化练习题(53)

日本特有の伝統芸能に、( )能、狂言が上げられる。①お田植②歌舞伎③川柳④...

日本文化练习题(90)

30.俳諧俳諧は俳諧の連歌の略称で、「俳諧」とはもともと滑稽という意である。この俳諧...

日本文化练习题(78)

18.前方後園墳日本における古墳の一形式で3世紀から7世紀頃にかけて盛んに造成された...

日本文化练习题(117)

22.弥生時代の金属文化について述べなさい弥生時代前期後半に銅剣や銅矛などの青銅器は...

Leave a Reply

登录... 后才能评论