日本文化练习题(110)

日本文化练习题(110)

15.近世日本における朱子学はどんな地位にあったか徳川家康は儒仏の分離を求め、林羅山を登用した。林羅山は家康から家綱にいたる四代の将軍に仕え、幕府創業期の確立に貢献した。林家はその後、羅山の子など、代々幕府の儒官に起用され、文教をつかさどった。好学の5代将軍綱吉は大成殿をたて、ここに林家の孔子廟を移して、朱子学の殿とし、さらに林家の私塾を移して、学問所とし、のちに尚平坂学問所と呼ばれた。朱子学はともすれば、幕初から幕末まで一括して同じ思想として扱われがちであるが、やはり朱子学思想にも変貌をもたらさずにはいられない。

分享到 :
相关推荐

日本文化练习题(57)

憲法の第( )条に、戦争放棄、戦力の不保持、交戦権の否定の規定がある。①1...

日本文化练习题(69)

9.卑弥呼「魏志倭人伝」によると、卑弥呼は邪馬台国に居住し女王で、鬼道で衆を惑わして...

日本文化练习题(67)

7.摂関政治摂関政治とは、平安時代に藤原氏の良房流一族が、代々摂政や関白あるいは内覧...

日本文化练习题(87)

27.铜剣弥生時代の初期に朝鮮半島より伝えられた。伝わった時点の銅剣は細身で鋭いデザ...

Leave a Reply

登录... 后才能评论