日本文化练习题(111)

日本文化练习题(111)

16.いわゆる三種の神器どのようにできたのか三種の神器とは、天孫降臨の時に、天照大神から授けられたという鏡?剣?玉を指し、日本の歴代天皇が継承してきた三種の宝物である。三種の宝物とは、八咫鏡?八尺瓊勾玉?天叢雲剣(「草薙剣」)のこと。古代において、「鏡」、「玉」、「剣」の三種の組み合わせは皇室だけに特有のものではなく、一般に支配者の象徴であったと考えられ、儒学伝来以後、「鏡」は「知」、「勾玉」は「仁」、「剣」は「勇」というように、三種の神器は三徳を表すという解釈もある。

分享到 :
相关推荐

日本文化练习题(53)

日本特有の伝統芸能に、( )能、狂言が上げられる。①お田植②歌舞伎③川柳④...

日本文化练习题(106)

11.縄文時代の土偶は何のために用いたと考えられているのか。縄文時代にあらわれた土器...

日本文化练习题(100)

5.室町時代の勘合貿易について述べなさい勘合貿易は、日本の室町時代に日本が中国の明朝...

日本文化练习题(87)

27.铜剣弥生時代の初期に朝鮮半島より伝えられた。伝わった時点の銅剣は細身で鋭いデザ...

Leave a Reply

登录... 后才能评论