日本文化练习题(06)

日本文化练习题(06)

言文一致運動の先頭に立って、小說『浮雲』を書いたのは( )である。①尾崎紅葉 ②島崎藤村 ③森鷗外 ④二葉亭四迷 俳句は( )音から成る。①3、5、7 ②5、7、5 ③3、5、7、5、7、 ④5、7、5、7、7 男性による最初のかな書きの作品は( )である。紀貫之①竹取物語 ②枕草子 ③土佐日記 ④源氏物語 『富士三太郎』は佐藤三平が書いた( )である。①小說 ②絵 ③俳句 ④漫畫 茶道は理論上( )を主張している。①二規五則 ②三規四則 ③四規六則 ④四規七則 ④ ② ③ ④ ④

分享到 :
相关推荐

日本文化练习题(77)

17.貝塚古代の人類のゴミ捨て場のうち当時の人々が捨てた貝殻が積み重なったもののこと...

日本文化练习题(81)

21.弥生土器弥生土器の土質は細かく、焼成度が高くて、薄手に焼かれている。色は赤褐色...

日本文化练习题(69)

9.卑弥呼「魏志倭人伝」によると、卑弥呼は邪馬台国に居住し女王で、鬼道で衆を惑わして...

日本文化练习题(114)

19.南蛮文化は日本にどんな影響がありますか16世紀中ごろ、南蛮貿易はキリスト教宣教...

Leave a Reply

登录... 后才能评论