日本文化练习题(118)

日本文化练习题(118)

23.近代国学代表の本居宣长について、解釈してください江戸時代中期の国学者、神道学者。1790、「古事記伝」を記した、この作品は作者が三十年もかけたのである。現代の研究者も座右に備えるほど学問的価値が高い。また、宣長は「源氏物語」の本質を「物のあわれ」の表現と説き、道徳?宗教手段でなく、芸術の独自の存在理由を明らかにし、恋愛こそ日本真情の表れで、好色的という非難は儒教的偽善に過ぎないと新しい考え方を示した。

分享到 :
相关推荐

日本文化练习题(64)

4.三経義疏『三経義疏』とは、聖徳太子によって著されたとされる『法華義疏』・『勝鬘経...

日本文化练习题(127)

32.中国古代史書に記された邪馬台国について、のべなさい邪馬台国は、3世紀に日本列島...

日本文化练习题(48)

( )成人の日である。①1月15日②5月5日③10月10日④11月3日&n...

日本文化练习题(96)

1.縄文人の生活様式について述べなさい。約10000年前、大地は変わり、気候が温暖化...

Leave a Reply

登录... 后才能评论